イトリゾールの画像

水虫で処方されるのは塗り薬が大半ですよね。私は毎回薬を使うたびに手がベトベトするのが嫌でしかたありませんでした。あの、いや~なベトベト感が手に残る…他の方法でも治療出来ないのか?と思い調べて発見したのがイトリゾールです!

錠剤タイプが魅力的なイトリゾール

真菌が原因で起きる病気に対して効果的な治療薬がイトリゾールであり、真菌というのはカビの事です。
イトリゾールというのは強い抗真菌活性を持っていて幅広い真菌に対して有効な治療薬であり、水虫の原因となる白癬菌やカンジダなどに効果があります。
水虫の治療には塗り薬をイメージする人もいますが、このイトリゾールは錠剤タイプで服用し、塗り薬ではあまり治療効果が無い爪に白癬菌が感染する事で発症する爪白癬に対して良く用いられています。
爪白癬の治療の際にはパルス療法と呼ばれる方法がよく用いられるのが特徴であり、このパルス療法というのは1週間イトリゾールを服用したら3週間服用を止め、それを3回繰り返す治療方法となっています。
イトリゾールは服用すると吸収されて爪に蓄積しやすい傾向があり、爪に蓄積されると1年以上の長期にわたって抗真菌性を示します。
だからこそ爪白癬に対して有効な治療手段であり、このような服用の仕方をするのは服用する回数を減らす事で副作用のリスクを減らし、なおかつ治療効果が高いためです。
なお、イトリゾールは他に薬を飲んでいるという場合には、特に注意が必要な薬です。
イトリゾールは他の薬と相互作用を起こしやすく、少量であったとしてもその影響は大きいのです。
相互作用を起こした際には自分自身の効果が強まるのではなく、他の薬の効果を強めてしまい、それによって中毒症状となる可能性があるのです。
そのためにもしもこの治療薬を用いる場合、他に服用している薬があれば必ず医師に伝えておく事が大切となります。
また、この治療薬を用いて他の薬を処方して貰う場合についても、この薬を服用しているという事を伝えておく事が大切になります。

イトリゾールの用法用量を守って

イトリゾールの使用について説明する女性

水虫は白癬菌という真菌に感染する事によって発症し、この白癬菌が感染するのは何も足だけでは無く、爪に感染する爪白癬や頭部に感染する頭部白癬などがあります。
そんな真菌に対する治療薬の一つがイトリゾールであり、幅広い真菌に対して活性を示す治療薬であり、特に塗り薬ではなかなか治療できない爪白癬の治療に対して効果的です。
イトリゾールがどのようにして真菌に対して有効であるのかというと、真菌の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害する作用があり、真菌の発育を阻害する効果があります。
人の細胞に対しても作用するのではないかと心配する人もいますが、人の細胞膜の構成成分はコレステロールであってイトリゾールは反応せず、選択的に真菌に対して有効となっています。
塗り薬ではあまり効果が無い爪白癬の治療に効果的であると説明しましたが、イトリゾールは塗り薬では無くて服用するタイプの薬であり、爪白癬に対しては服用した後に消化管を通って血中に移行しますが、イトリゾールは爪に移行しやすいという特徴があります。
爪に移行した後は長期間その場にとどまり、1年以上の間は効果が持続すると言われています。
イトリゾールは妊娠中の方や肝臓や腎臓の悪い方には適していない他、相互作用を起こしやすい薬が多く存在しているので扱い方には十分に注意しないと思わぬ症状が出る可能性もあります。
そのために、イトリゾールで治療する場合は何か持病がある人や飲んでいる薬がある場合は必ず医師に伝えるようにし、用法や用量を守って正しく服用する事が大切です。
通販でも手に入れられますが、独断で服用するのは思わぬ事態を引き起こす可能性もある事から、安易に通販に頼るのは避けておくべきです。

そんなイトリゾールを手に入れるには

水虫やカンジダ、アスペルギルス症など、皮膚や体内に感染する真菌を退治する目的で使用されるイトリゾールは、主にカプセルや内用液として飲み薬で用いられます。
外用薬は現在のところ製造されておらず、高い抗真菌作用によって治療を行うため、医療用医薬品に分類されています。
医療用医薬品は治療効果が認められているものの、副作用のリスクがあることから医師の処方を必要としており、近所のドラッグストアなどでは販売できない種類の薬になっています。
日本で承認されているので、皮膚科などの病院で処方してもらうことはできますが、実店舗や国内のネット通販で購入することは薬事法に抵触するので不可能です。
しかし、海外は薬事法が適用されないため、処方箋がなくても購入することができ、厚生労働省でも個人で使用する範囲内であること、購入する医薬品が1ヶ月分までとする条件さえクリアすれば手に入れることができます。
個人輸入は海外のルートを使って日本に送ってもらう方法ですが、当然ながら税関を通す必要があり、手続きなどが面倒になっています。
そうした手間を省き、通常のネット通販と同じように購入するだけで自宅に届けてくれる代行サイトを利用すれば、何ら面倒なこともなく入手することが可能です。
個人輸入は処方箋がいらないので、病院に通う必要もなく、交通費や診察料といった費用も必要ありません。
実質的に薬代だけとなるため、ほぼ原価と等しい値段で販売されるので、たとえ健康保険が使えなくても高い治療費を払わなくて済みます。
注意点としてイトリゾールは通常の飲み薬とは違い、飲み方が独特となるパルス療法を使用するので、個人輸入で入手した場合は取り扱いに注意して慎重に服用する必要があります。